某市浄化センターでの事業性試算

蒸気エジェクタ式減圧浮上濃縮装置による脱水汚泥削減と経費削減効果

物質収支
既設 新システム
①濃縮汚泥量 濃縮汚泥量:m3/日 162.441 162
濃縮汚泥濃度:% 3.6 3.6
固形物中有機物比% 83.4 83.4
②消化汚泥 消化率:% 45 75
脱水汚泥量:t/日 73 56
脱水汚泥減量化率:% 3.7 2.2
③脱水汚泥 含水率:% 82.6 78
脱水汚泥量:t/日 21.0 10.0
脱水汚泥減量化率:% 53
新システムの投資回収率(汚泥減量化事業単独の場合)
新システムの建設費:万円 3,249 万円
脱水汚泥処分費:万円/脱水汚泥t 1.0 万円/t
年間脱水汚泥削減量:t/年 4,030 t/年
年間脱水汚泥処分削減費:万円/年 4,030 万円/年
維持管理費:万円/年 162.4410959 万円/年
年間総利益:万円/年 3,867 万円/年
投資金額利益率:%/年 119